業績アップの夢に一歩前進|給与計算を委託して業務をよりスムーズに

男の人

印鑑からシステムへ

社内

決済スピードの短縮などを鑑みてワークフローシステムを導入する会社が増加しています。利用する側は便利ですが、導入時には注意しなければなりません。会社によって設備やサービスが異なりますので、しっかり比較検討する必要があります。

Read More...

中小企業の業績向上

お金と電卓

業績向上の為の課題

中小企業が業績向上を図ろうと思えば、営業などの直接部門にできる限り多くの人数を配置し、総務など管理部門の人員をできる限り減らす必要があります。そのため、中小企業では総務人事業務など、売り上げに直結しない業務の負担をいかに減らしていくかが課題になってきます。人事労務業務の中で負担の大きい仕事の一つとして、給与計算が挙げられます。給与計算は短期間で大量の勤怠データを処理して計算を行わなければならないですし、標準報酬月額や社会保険の料率変更などにも対応していかなければなりません。そのため、事務担当者に負担がかかっているのが現状で、中小企業でも複数名の人員を配置しなければならないのが現状です。このような状況を打開するためにも、給与計算はアウトソーシングするのが良いといえます。

委託先との連携

給与計算の主な委託先としては、社会保険労務士事務所や税理士事務所のほか、最近では総務業務のアウトソーシングを業とする民間企業も数多くあるため、選択肢は多いといえます。どこに委託するにしても、肝心なのは、給与規定の他、給与額や手当の変更など、毎月発生する変更事項を確実に伝えるということです。そのためにも委託にあたっては、社内の窓口を一本化し、そこからすべての情報を委託先に伝達する仕組みを構築する必要があります。また、給与計算は社会保険の事務手続きと連動している部分があるので、社会保険関係事務を自社で行っている場合には、従業員の社会保険資格の取得や喪失など、委託先にもれなく伝わるよう、注意する必要があります。業績アップの夢に一歩前進するのではないでしょうか。

勤怠サービスを活用しよう

ネットワーク

クラウドサービスは、社内での機器の導入や維持費用が不要になるなどメリットが多い。このクラウドサービスの1つとしてあるのが、勤怠管理システムである。社外から勤怠入力できるなど、社員にとっての利便性も高くなる。

Read More...

組織を効率化するために

ミーティング

事業の目的から逸れた組織や、スタッフの肥大化した非効率な組織は、早急に組織改善する必要があります。現状維持を望む抵抗勢力に対抗するため、トップがリーダーシップを発揮するとともに、末端の意見も受け入れることが大切です。

Read More...