印鑑からシステムへ|業績アップの夢に一歩前進|給与計算を委託して業務をよりスムーズに

業績アップの夢に一歩前進|給与計算を委託して業務をよりスムーズに

男女

印鑑からシステムへ

社内

時間短縮に寄与

印鑑社会である日本ではビジネスを進めるにあたり決済印が必要になります。そのため契約書などはすべて紙媒体になっていることが多くなっています。社外に対してだけでなく社内に対しても印鑑を使用することが多く、稟議や各種決済に関しては印鑑を押す習慣が根付いています。しかし紙を使用する方法では業務の効率化を進めることはできません。そして保管など書類の取扱いにも頭を悩ませることになります。ワークフローはこのような紙媒体での決済をシステム化することによって大幅な業務効率向上を目指すものです。印鑑を使用するものと異なり、決済はシステム上で行います。そのため時間短縮を図ることができます。ワークフローシステムを見れる環境であれば、決済はどこでも可能なのです。

検討するポイント

新規でワークフローを構築する際に比較するのが、クラウド型です。自社のサーバーを利用せず、クラウドサービスを利用するケースが最近増加しています。サーバーのメンテナンス管理などにコストや時間を割かれないなどメリットが多くなっています。同じクラウドサービスでも業者間比較を行う事が必要です。メンテナンスなどのランニングコストはもちろんのこと新しいソフトのインストールに別料金がかかる場合などを一つ一つ比較検討しなければならないのです。一度構築してしまうと改修にも時間とコストがかかります。後々多額なコストがかからないように設計段階である程度の見込みを入れておくことが大事なのです。ワークフローシステムの比較は時間をかけて行うのがベストです。