組織を効率化するために|業績アップの夢に一歩前進|給与計算を委託して業務をよりスムーズに

業績アップの夢に一歩前進|給与計算を委託して業務をよりスムーズに

男女

組織を効率化するために

ミーティング

改善の必要性を把握する

市場が縮小しているわけでもないのに、業績が思ったように伸びないときは、組織の形態に問題がないか疑ってみる必要があります。一昔前に作られた組織は、急変する時代に適応できていないことがあります。事業の目的から逸れた部門が存在したり、スタッフの多すぎる非効率な組織になっていたりしたら、早急に組織改善を行なう必要があります。とはいえ日常の業務が「当たり前」になっていると、組織改善の必要性に気づきにくいものです。また一方的に上から組織改革を試みると、社員の理解と協力を得られず、改革の目的を達成できないことがあります。まず組織のどこが問題かを、共通認識として洗い出すことが大切です。その意味で外部コンサルタントの導入は効果的な方策と言えます。

リーダーシップが重要

非効率な組織は全体に活気がなく、新しいことを誰も始めようとせず、責任回避の風潮が蔓延しているという特徴があります。このような状態で組織改善を行なおうとしても、現状維持を最善と考える抵抗勢力から攻撃されて、失敗に終わることは想像に難くありません。こうした場合は外部の意見も取り入れ、トップが強力なリーダーシップを発揮して、組織改善を断行するのが解決策のひとつになります。ただし悪者を探して駆逐するような手法を採るのは好ましくありません。重要なのは社内のコミュニケーションを活性化させ、上からも下からも自由に物が言える風土を作ることです。トップも末端からの声を受け入れる度量を持ってこそ、組織改善を成功に導くことが可能になります。